仕事探し in Kelowna -工場に至るまで- 前編

knox moutain

こんにちは。

今回は、ぼくの工場で働くに至るまでの経緯を書きながら、ケロウナ(Kelowna)の素晴らしさも紹介していきたいと思います!

まずは、ケロウナとは?ということですが、ケロウナはバンクーバーから東に向かって350kmくらい離れたところにある小さな街です。内陸にあるけれど、オカナガン湖という巨大な湖が近くにあり、山・水・街を備えた最高の田舎です!!

ケロウナ 街並み

そして、ぼくは、そんなケロウナにファームジョブを探しに行きました。

ケロウナを含め、オカナガン湖周辺には、ワイナリーやオーチャードがいっぱいあって、夏にはファームジョブでお金を稼ぎにメキシコやヨーロッパ各国から人がたくさん集まります。求人が多い、給料が取れ高制、現地にキャンプ場があり、宿代がかからない(テント必要)、キャンプ場でいろんな国の人と交流ができる、短期で集中的に働ける、などなど人気になる理由がたくさんあります。

ただ、ぼくがケロウナを訪れたのは3月初旬でした。

2月に友達とバンクーバーからトロントまでのヒッチハイク旅をして、その途中で財布やらパソコンやら色んな物を盗まれ、ほぼ一文無しになりました。帰りの航空券は元々買っていたので、どうにかバンクーバーに帰ってこれたものの、「家なし・仕事なし・お金なし」パーフェクトホームレスでした。

そして、バンクーバーで1週間ホームレスをしている間に、もう何もないんだからファームに泊まり込んで働こうと思い至り、ケロウナを訪れました。ただ、この時は夜行バスを使い、ケロウナで1週間150$のホステルに泊まったので、正確には一文無しではないです。笑 全財産が300$くらいだったので、家を契約するほどのお金はない状態でした。
ホステル



スポンサーリンク

その1週間の滞在期間中に周りのファームに電話とメールをしまくりました。しかし、メールはほぼ返ってこないし、電話では今はthinning(枝の剪定)のポジションしかないと言われます。ぼくが探していたのは大量に働いて稼げるピッキングでした。thinningではあまり長時間働けず、生きていけるほどの稼ぎは得られないのです。

そうして何も見つからないまま4日が経ち、これはまずいなと思って、6日目から直接農場まわりを始めることに決めました。ただ、農場は大きいし、街からはかなり離れているので簡単には回れません。公共交通手段はないので、移動は基本的に徒歩とヒッチハイクだし、一度街を出たら中々戻ってこれません。

といことで、5日目は、ケロウナにいた友達とラストケロウナを満喫しました!!!

ただ、お金はないので、街歩きとハイキングです。ひたすら歩きました。

ケロウナの街はかわいい!という感じ。コンパクトでちょっと洒落ていて、ゆったりできるような雰囲気でした。
オゴポゴ

街

ハイキングしたのはKnox Mountainという山で、片道1時間くらいの誰でも気軽に登れるようなところでした。

ですが!!! 登ってびっくり!

上からの景色がハンパなく綺麗でした!!!!!!!

景色

IMG_1799

IMG_1789

IMG_1794

やばくないですか!?!?!? シカおるし!!!

ケロウナに来たら晴れた日に絶対登ってみてほしいです!!

さて、ぼくはこんな感じで5日目を満喫しました。
もうケロウナに思い残すことはありません。

ということで、6日目!現実に戻って、ファーム巡り開始です。

なんですが、もうかなり長くなってきたので続きは明日か明後日に別の記事で書こうと思います!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

後編:http://agsok.com/kelowna-getting-work-latterpart
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。